オークリーフロッグスキン,

【Y57】 レイバン B&L ヴィンテージ ボシュロム サングラス RAYBAN サングラス/メガネ 【楽天カード分割】

金沢百番街は金沢駅にあるショッピングモールです。

JINS rim 0f jinsジンズ メガネ カーキ PEG-T0P,
ヴィンテージ TW0-DAIYA サンプラチナ ツーブリッジ メガネフレーム, レイバン Ray-Ban クラブマスター 伊達メガネ,
B0TTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)サングラス,

店舗検索

クリーニング

  • 138

    ヤングドライ

    【Y57】 レイバン RAYBAN サングラス ボシュロム ヴィンテージ B&L 【楽天カード分割】

    【Y57】 レイバン RAYBAN サングラス ボシュロム ヴィンテージ B&L
    《難あり》レイバン RAYBAN サングラス USA アメリカ BL ボシュロム ティアドロップ ヴィンテージ B&L 【ブランド】 RAYBAN 【 商品名 】 ※品番の表記はなくB&L、RAYBAN、USAの刻印のみです。 【 付属品 】 ケース 【 カラー 】 テンプル・フレーム:ゴールド 上部バー・ノーズパット:パールピンク(※少し色が薄まってます。) レンズ:ブラック ※レンズにBLマークは入っていません。 希少なヴィンテージボシュロム製レイバンです。 デザインの気に入った方、サイズの合う方はこの機会にぜひどうぞ! ★サイズ★ (実寸・平置き状態) ■レンズの横幅:約5.5cm ■レンズの縦幅:約4.8cm ■テンプルの長さ:約10.5cm ■フレーム横幅(上から見て蝶番から蝶番):約12.5cm ※素人採寸ですので、多少の誤差はご理解ください。 ★状態★ ※難あり フレームの上部のバー及びアーチ金具の接続部分に少し黒ずみがあります。 (画像2・3でご確認下さい。) その他、プラスチック部分の両端にも変色が見られます。(画像7) レンズに数ヶ所キズがあります。(画像8) 蝶番の緩みはありませんがテンプルの片方に少し変形が見られます。(画像9) ノーズパットにヒビのような亀裂が見られます。(画像10) 画像だとちょっとわかりづらいですがご確認ください。 神経質な方、状態が気になる方はご購入をお控え下さい。 ※あくまでUSED品+素人による自宅保管ですの、神経質な方のご購入は慎重にお願い致します。 【商品検索】 #RBE_used ↓サングラスのみの検索はこちらから↓ #RBE_サングラス ↓レイバンのみの検索はこちらから↓ #RBE_レイバン ★※平日は仕事のため返信・発送等が出勤前か帰宅後になってしまうので、ご迷惑おかけするかと思いますが、ご了承くださいませ。 99

    【Y57】 レイバン B&L ヴィンテージ ボシュロム サングラス RAYBAN サングラス/メガネ 【楽天カード分割】

    【Y57】 レイバン B&L ヴィンテージ ボシュロム サングラス RAYBAN サングラス/メガネ 【楽天カード分割】

    【Y57】 レイバン B&L ヴィンテージ ボシュロム サングラス RAYBAN サングラス/メガネ 【楽天カード分割】

    • 5.00

      大人が見て楽しめるアニメ映画

      hitsujyun

      いつかきっと初恋のあの人を追って主人公千代子は時代を超えて愛する人に逢いにいこうとします。現実と回想世界が見事に交差し、不思議な気分と何とも言えないノリの良さでテンポよく話が進んでいきます。物語が進むにつれてわかる千代子と周りの登場人物の奇妙な関係も話を面白くしてくれます。どこかで見たときがあるような話がところどころに出てきて、思わずニンマリしてしまうのと、千代子のドキュメンタリーを撮ろうとしている監督とカメラマンが回想世界の住人として上手く話の中に溶け込んでいて何度も笑わせてくれます。各時代による言葉の違いや風景なども楽しめます。面白くて2回続けて見てしまいました。大人が見て楽しめるアニメ映画です。千年女優を見て平沢 進さんの音楽を聴くようになった人もいれば、私のように平沢 進さんの音楽にはまりこの映画を知った人も多いはずです。各シーンに流れる平沢 進さんの音楽はファンにとってはたまらないことでしょう。

    • 4.00

      ラストの台詞に納得

      duples

      今敏監督が、平沢進の名曲「ロタティオン(Lotus-2)」にインスピレーションを受けて作り上げたという作品。殆どの場面が、ヒロインである女優・千代子の演じるお芝居に割かれ、そこへ現実の存在であるインタビュアーがツッコミを入れる、というメタフィクション構造を持っています。千代子は、序盤(の芝居)の中で、永遠に恋の情念から逃れられない、という呪いをかけられ、それに従うかのように、追いかけてはスルリと逃げる、想い人の「鍵の君」を追いつづけるようになります。そして最後には・・・ネタバレになるので詳細は避けますが、あのラストの台詞は、額面通りに受け取ると、千代子がただのナルシストになってしまいます。こう考えてはどうでしょうか。この映画の題名は、「千年女優」です。千代子が受けた呪いというのは、千年間恋し続ける事ではなく、千年間演じ続けることであった、としたら・・・つまり、鍵の君というのは、千代子の芝居への情熱の隠喩ではないか、と思うのです。そう考えた時に、芝居の場面ばかりで構成された、この映画の謎が解けたような気がしました。だって、千代子の人生は、演技そのもの。お芝居だけで構成されているのですから。

    • 5.00

      一番大切なものを

      でろ

      僕自身は勉強教材として買った。一人の老いた女優が、少女時代に出会った男を追い続けた日々を回想する、ただそれだけの話だ。だがコロコロと変わる背景と衣装が目を楽しませる。次々と変化する時代が、女優の変わらない思いを強調させ飽きさせない。構成が巧みで場面転換の不自然さがまったくといっていいほど感じられない。現実と虚構、過去から未来まで様々なカットが入り混じっているのに、次の瞬間にいきなり時代が変わっても、元の話が明解だからついていける。そしてクライマックスへ物語は集約し、ラストの女優のセリフが全編を象徴する。まさしく女優の話だった。架空だがとても綺麗な女優だった。僕は何度もこの単純な話を観るだろう。再生ボタンを押させる力をこの女優は持っている。

    • 4.00

      実体と影と生

      すずらん

      あらすじを辿る限り、少女の悲しいまでの徒労な恋心―淡い記憶と実体のない「影」を、それに気づかずに追い続けた一途さが強調されているので、本作は美しい純愛物語の部類に入るのだろう。しかし、問題は、千代子の最期の一言をどのように解するか。この映画の旨味は最期の言葉をどう捉えるかで異なるように思う。 Web上に散見される本作品の感想における千代子の最期の一言に対する見方は、大方次の2つに分かれているようである。1つは、単なる自己満足・究極の自己愛の表明であり閉じた世界での憐れな妄想であるとする見方、もう1つは、実体がなくゆらぎやすい恋愛感情を、意志を宿らせることで普遍的なものとし、かつ、生きる糧にしたという見方である。この点について、私は本作の千代子にはどちらの要素も含んでいるように思うので単純な二分論では片付けられないと考えるが、どちらかといえば後者の見方に親近している。受身ではない主体的な愛の実践と、その摩擦や苦しみが自己の成長―千代子でいえば映画女優としての活動を通じた自己実現―にまで及んだということである。 千代子は、生涯をかけて「何かを求め続けて走った」という点で、たとえば近年公開された邦画『嫌われ松子の一生』の松子と同類項で括ることができよう。しかし、松子は「他者から求められたい。」、「幸せにしてもらいたい。」、「認められたい。」という受身的姿勢と依存心が出発点であったという点で、他者との関わりをまるで意に介さずにひたすら「自己の閉じた世界」を軸とし、他者をうらやむことも、投げ出すこともなく、能動的に前進していった千代子とは性質を異にするものであろう。ただ、松子はある意味、受動的であったからこそ他者とのかかわりを持ち、それに翻弄されることとなり、しかも、そのような弱さから数々のしなくてもいい経験を重ね、最終的に主体的な選択と意志により自己の不安定な感情をコントロールするにいたり、それをもって生きるための確たる軸にすることに成功したといえる。他方、千代子は他者とのかかわりが希薄な分、いや、意志により他者とのかかわりを意図的に廃したという意味で、「走っているのに成長できない。」と捉えることもできるだろう。しかし、少なくとも女子は、松子的なもの千代子的なもの、2つの性質をともに宿しているのではないだろうか。 ところで、千代子は、「愛しの鍵の君」との再会を果たせなかったけれども、常に、その時点での最高の自分を、「愛しの君」に捧げ続けてきたといえる。その対象である「君」が不明瞭であり、千代子の前に実体としてなかったことは誠に残念ではあったけれども。そうしたことから、千代子の最期の言葉に、私は違和を感じなかった。ただ、共感できない部分が1つだけある。それは、実体のないものや影に対して、愛を注ぎ続けられるのかということである。どうあがいても、私には幻想に焦がれて生涯愛を注ぎ続けることなんてできないし、そんなこと、ナンセンスだとも思う。 しかし、逆説的ではあるけれど、千代子は幻想に焦がれることができたからこそ、その思いを一生抱き続けることができたのではないかとも思う。幻想の中の「鍵の君」は永久不変の「固体」である。しかし、生身の人間を愛した場合、そうはいかない。他者とのかかわりは液体のようなもの。移ろいやすく、様々に変容する。その点、千代子は現実から逃れ、また、「固体」を愛するという楽な道を選んだと評価することもできる。もし、「鍵の君」が流動的な実体として在り、係わり合いを持つことができていたならば、千代子は最後まで思いを貫徹できただろうか。実体を愛することは、想像を絶するほどのエネルギーがいる。体力・気力がなければ、とてもじゃないが、モたない。 それでも、「実体として私の前に存在する」他者に愛を注ぎ続けることができれば、「私」はこの上なく幸せなはずだ。実体のない影を追い続ける千代子の気迫ある「愛」は、狂気とも病的ともいえるかもしれないが、私にとって本作は、きわめて「まっとう」であり、切ない物語であった。

    • 5.00

      繰り返し見たくなる

      ゆゆー

      今さんの映画は飽きない 内容を知っていても見いってしまう

    • 5.00

      とても素晴らしい映画です

      ミルク

      かなり感情移入しました。控えめで、きめ細かい描写が印象的でした。

    • 5.00

      いい映画でした。

      過眠症でうつのある人にとって普通の規則正しい生活すると言うのが少し難しくて、生きてるだけで頑張らなければならない。私の精神的な病気を持つ人に対しての考え方を見直そうと思いました。周りにそのような人がいたとき心に寄り添える人になりたいと思わされました。

    • 5.00

      【ちょいネタバレ】男やもめイルファン・カーンの色気がすごすぎる

      ほうろうネコ

      インド×ごはん×切ないラブ?ストーリーという、インドらしからぬ作品。抒情的な映像やストーリーの説明は他のレビューをご覧いただくとして、とにかくイルファン・カーンの色気がすごすぎてやられました。この人、普段の写真は量産型インド人にしか見えないのに、こんなに雰囲気のある俳優さんだったなんて…!【ちょっとネタバレ】こんな美人な奥様と、最後まで何にもないっていうのがまたいいですね。ボリウッド映画は大好きですが、ボリウッド的には「二人は愛に生きることにした。(ミュージカルシーン!)」って感じのENDだったら興ざめだと思います。また、イラが対話する人々の姿が見えないのも、この映画に独特の雰囲気を生み出していて好きです。階上に住むおばあちゃんも、サージャンも、対話を重ね心を通わせていく人たちの姿は見えない。イラと対話しようとしない夫は、姿が見えているのに、夫よりも、姿が見えない二人と心が通っている様子。現代的でもあり、寓話的でもあります。

    • 5.00

      オススメ

      なな

      今となっては無料で見れたりもしてますがお金かけて見ても良かったです。

    • 4.00

      こういう終わり方もありなのかな

      めーさん

      日本にはないインド文化が話の根幹だけど、ストーリー自体はシンプルで見やすいこういう映画、嫌いじゃないです

    【Y57】 レイバン B&L ヴィンテージ ボシュロム サングラス RAYBAN サングラス/メガネ 【楽天カード分割】

    1. facebook
    2. twitter
    3. linkedin
    4. pinterest

    【Y57】 レイバン B&L ヴィンテージ ボシュロム サングラス RAYBAN サングラス/メガネ 【楽天カード分割】

  1. ホーム
  2. サングラス/メガネ
  3. 【Y57】 レイバン B&L ヴィンテージ ボシュロム サングラス RAYBAN
  • キーワードで探す