HYDR0GEN jacket 44R,

【Y0様専用】 チェスターコート 新素材新作

金沢百番街は金沢駅にあるショッピングモールです。

【トレチェントウノ】テーラードジャケット 春物 シンプル カーディガン,
【定価5万円】WACK0 MARIAワコマリア高級テーラードジャケット, 【未使用】J0URNAL STANDARD テーラードジャケット サイズS,
美品✨バーバリー コットンリネン アンコンジャケット テーラードジャケット,

店舗検索

クリーニング

  • 138

    ヤングドライ

    【Y0様専用】 新素材新作

    【Y0様専用】
    柄・デザイン···チェック 素材···ウール カラー···グレー 季節感···秋、冬 トゥモローランドのチェスターコートです。 ウールにカシミア混で、高級感があります。 定価は8万に税程度で、二年前に購入しました。 サイズは48でLに相当します。

    【Y0様専用】 チェスターコート 新素材新作

    【Y0様専用】 チェスターコート 新素材新作

    【Y0様専用】 チェスターコート 新素材新作

    • 4.00

      再度、観てもやっぱり良かった♪

      ピジョン・ブラッド

      正直な話し映画館で観た時の感動が大きすぎて少しずつ時間が経つにつれて「ハテ?冷静に考えるとこの映画、一体何処が良かったのかなぁ・・」なんて気持ちも頭をもたげてきたりなんかして再度、観たら意外とつまらなくてガッカリするんじゃないのかなぁ・・なんていらぬ心配をしておりました。そう・・・・本当に“いらぬ心配”でした(笑)軽い疲れさえをも感じさせた前半の華美な映像も我が家のTVで観ると丁度、良い感じだったし字幕のセリフは、より胸にしみたしニコールに関してはその“美しさ”よりも今回は彼女の“泣きの演技”にすっかり魅了されてしまいました。音楽もサントラを聴きこんでいたせいか映画で観た時はさほど気にならなかった「Come What May」にも今回は感激、感動しまくり!!(笑)そしてもう一つ気づいた事が・・・この映画、実は脇役の方々が本当に素晴らしい役者さんばかりなのです。全ての役において言えるのですが“キャスティングの良さ”がこの映画の魅力を何十倍にもしていると思いました。とにかく落ち着いてじっくり観れば観るほど発見の多い映画です。もちろん、当~然っ!オススメですよ♪

    • 5.00

      新世紀のボヘミアン・ショウ

      ホーいち

      映画ながら、ラ・ボエームや椿姫など劇場の雰囲気が堪能できる。リアリティーとイメージ世界の融合をストーリーの中で表現したところは見事です。 またカンカンやロクサーヌ・タンゴのダンスシーン。そして衣装の美しさも見所の一つ、ニコール・キッドマンの魅力を十分に楽しむことが出来る映画。

    • 5.00

      1899年・パリ、ボヘミアンの青年と夜の女王の恋

      ミノー

      2001年に製作されたこの映画、『ダンシングヒーロー』 でファンになったバズ・ラーマン作品という事で映画館に足を運んだが、何とガラガラ。『ロミオ&ジュリエット』 が、あれほど話題になったのに、である。主演のユアン・マクレガーは 『トレイン・スポッティング』 や 『普通じゃない』などで既に有名になっていたし、ニコール・キッドマンは言うに及ばずなのに。これが日本人の“ミュージカル嫌い”の成せる業か…と思った憶えがある。…1899年、退廃的な世紀末に花開いたナイトクラブ“ムーラン・ルージュ”。ショーの華である高級娼婦のサティーンは、今夜大事な「見合い」だった。経営者のジドラーは出資金目当てに、サティーンは女優への足掛かりとして、金持ちの「公爵」をショウの最中に落とす算段を付けていたのだった。しかしそこにはある「青年」クリスチャンがいた。夢はあるが金は無い詩人だ。公爵と青年を間違えたサティーンは恋に落ち、クリスチャンもまた魅了される。ジドラーや公爵の目を誤魔化すためにショーの舞台作家になったクリスチャン。サティーンとの恋はしかし、少しずつ追い詰められ、悲劇に向かってゆく…物語自体はよくある悲恋物なのだが、音楽やダンスが好きな方にはぜひ見てほしい。冒頭のショーは現代でも通用するポップで洒落た、しかも派手なパフォーマンス!マリリン・モンローやマドンナやビートルズやエルトン・ジョンの歌が登場し、ショウではまるで客席にいるような気分になる。 ダンスはタンゴのシーンが圧巻!この 『Le Tango de Roxanne』 はフィギュアの高橋大輔選手も演技に使用した。クリスティーナ・アギレラ、ピンク、マイヤ、リル・キムという余りにも豪華な4人のディーヴァが競演した 『Lady Marmalade』 は震えが来るほどカッコイイ。映画を観る前にCDから入るという手もアリ。 …しかしここで大事なお知らせ。 音楽やダンスを愛する人には、ぜひ映画のみでは無い2枚組のDVDをお薦めしたい。こちらの特典にはメイキングやインタビューの他にダンスの振付レッスンが入っている!そして何より 『Lady Marmalade』 のミュージックビデオや授賞式の映像まで収録。ユアンとニコールが歌える役者である事も驚いたが(外国俳優では普通だが日本では…)ショウビジネスプロデューサーとしてのバズ・ラーマンに改めて敬服した作品。正に「ショウほど素敵な商売は無い」し、「ショウは続けなくてはならない」だ。

    • 5.00

      戦争という極限状況のなか登場人物がどのような考えを持ち行動するのか、非常に興味深い人物描写

      VEDA

      ニコルソンもウォーデンも共にやるべきことをやっただけなのですが、結果的にイギリス人が一生懸命使った橋をイギリス人が壊すことになり、戦争というものの愚かさを浮き彫りにしていました。登場人物について、一番魅力的だったのはニコルソンです。ニコルソンは日本人が作ろうとしていたものより立派な橋を作り上げることで、イギリス人兵士に誇りや名誉をもたらし、捕虜という立場ながらもイギリスに「勝利」をもたらしました。今後何十年何百年と利用され地元に利益をもたらす橋を残せたことは自分の人生においても意義深いものだったはずでした。橋が完成してイギリス兵が祝いの催しをしているとき、斉藤は手紙を書いて自分の頭髪を入れていました。恐らく遺書だと思います。イギリス兵に橋を作らせたのではなく結果的に作ってもらったことになったのを恥だと思ったのでしょう。とても繊細な描写だと思いました。ウォーデンは自分の命をかけてでも任務を遂行しようとする男です。そんなウォーデンに対してシアーズは軍規や任務より人間らしく生きることを望みます。ウォーデンは極端ですが、ニコルソンも斉藤も任務を重く受け止めている点は共通です。シアーズが他の登場人物と一線を画す理由は、彼が本当は将校でないからかもしれません。立場が異なる登場人物が戦争という極限状況のなかでどのような考えを持ち行動するのか、それは四者四様でしたが、非常に興味深い人物描写だと感じました。

    • 5.00

      デザイン

      hide

      デザインが素敵。

    • 3.00

      日本語字幕なし: 65th Anniversary Limited Edition steel book

      Amazon カスタマー

      北米版(メキシコ製)「65th Anniversary Limited Edition(steel book)」UHD、BD共に日本語字幕、日本語吹替音声はありませんでした。登録情報では「日本語字幕あり」表記でした。残念ながら返品しました。北米版「60th Anniversary Edition」のUHDには日本語字幕があるようです。

    • 4.00

      戦場の日常ってこんなもんだよ?

      K M

      公開は1957年公開という結構古い映画である。一説には米ソの冷戦下において、アメリカが日本を味方に引き込むために作成したのだという。ってそれにしてはだいぶ連合国寄りの描き方が強すぎないか?と思うが、当時を考えればむしろ控えめで、むしろ日本人俳優を起用しているのだから、かなり配慮しているとも思える。率直な感想としては、やはり星4/5といったくらい。なかなか面白かった。印象的なのは、「クワイ川のマーチ」という、だれしも聞いたことのある旋律がイギリス軍の捕虜兵によって口笛演奏されるシーンが随所にあるところ。タタ、タタタ、タッタッター。この旋律も含め、BGMが全体的にのどかでほっとさせてくれるような曲が多い。これをどのように捉えるかは人それぞれだろうが、自分はここに大変な戦争へのアイロニーを感じた。この映画は正直、バッドエンドである。日本軍の捕虜となったイギリス軍司令官が自国の誇りも懸けて日本軍の意思に協力する形で橋を建設する。しかし、この橋は、日本軍の進行を阻まんとするイギリス軍によって爆破される。そして、このイギリス軍司令官も死に、主役と目されるアメリカ兵も死ぬ(はっきり判断できないがたぶん死んでいる)。さらに、日本軍側の中心登場人物である斎藤司令官というのもやはり死ぬ。結局のところ誰も報われないバッドエンドなのである。ところが、この救いのないシーンに例の、のんびりとしたのどかな「クワイ川のマーチ」が流れてくる。それはまるで、「戦場の日常ってこんなもんだよ?」というメッセージを投げかけてくるようだ。全編を通してなんか間の抜けた、シリアスそうでシリアスにならない描き方が貫徹されているのだが、それが絶望的なラストシーンに帰結する。だが、やはりBGMはのんびり、のどか。逆にとても恐ろしい戦争映画だとも思える。Wikipediaで調べたところ、製作は米英合作。アカデミー賞作品賞を受賞している。海外では相当な評価を少なくとも当時は得ていた作品といえる。が、この映画を見て、タイ旅行に行きたくなったかといえば、そこまででもない。この感覚が星4つにとどめる理由でもある。

    • 4.00

      戦争の狂気

      陸商王

      主役三人とも故人です。

    • 4.00

      良い映画

      カルビ

      久々に見ました。古い映画ですがいい映画です。色々考えながら見ました。

    • 5.00

      期待を裏切らない作品でした

      半可通

      子供の頃から名前はよく聞く有名な映画でしたが、そういう有名な映画ってあまりにも万人向けで、観ていて退屈ということが良くあるので、これまで敬遠していました。先日古書で入手した、戦時中、タイ駐屯軍司令官を勤められていた中村明人陸軍中将が著された「ほとけの司令官」を読んでいましたら、同将軍も戦後この映画をご覧になり、その感想を書かれていたので興味を持って私も観ることにした次第です。将軍がご覧になってそれなりの手応えを感じる映画だけあって、その辺のチープな映画にあるような日本軍をただ野蛮な文明以前の軍隊と決めつけるようなことはなく、日本軍の形式主義にとらわれた点などをワサビを利かして描いています。セットも充実していて見応えがあります。「ほとけの司令官」を読まれる方はほとんどいないでしょうから、以下、中村司令官の感想を引用しておきます。「七つのアカデミー賞に輝くこの作品は、ラストシーンの強烈な印象とともに、映画には全く門外漢の私にも、近頃には稀な、すばらしい出来ばえの戦争映画であることを認識させてくれた。そして、私は、この映画が訴えている戦争に対する考え方には大いに敬意を表したのであるが、しかし、現地の―いわゆる泰緬鉄道建設の実際の姿が、事実とはかなり異なったものに、しかも、誇大に演出されていることに、少なからず不満を持ったのである。もちろん、小説を原作とする映画であり、記録映画ではないのだから、取材の真実性など、とやかく言うのは変だと思われる人もあるだろうが、俗に言う、火のない所には煙立たずで、なにがしかのモデル、あるいは事実に近い事件があったから、小説も出来、映画も出来たのだとみるのが常識である。ましてや鉄道建設が『死の泰緬鉄道』などといわれて、いまだ世人の記憶から抜け去らない今日、英軍俘虜の取扱い方などに、この映画から、まちがった事実を受け取られることは、間接ではあったが当時この仕事に少なからず関係した私として、堪えられないことである。戦争に敗れたとはいえ、これは正しく日本の名誉に関することである。事の曲直は、小説といえども正されねばならないと思う。」これに引き続き、中村中将は「N大尉事件」について記述してられます。「N大尉は高等工業高校卒業の幹部候補生出身で、当時ー終戦直前ー俘虜収容所分所長としてその管理に、優秀な成績を納めていた。彼は性来、断行力に富んだ、直情径行の人であった。ある日、一人の英軍将校の俘虜に炊事用の水汲みを命じたところ、その俘虜は、俘虜将校の労務服役はジュネーブ条約違反であるから、命令には応じられないと、作業を拒否した。短慮の彼は、生意気を言うな、俘虜の分際で、他の者のいそがしい時、水汲みぐらいやってくれてもよいではないか、どうしても命令を聞かず服務しなければ、営巣に入れるがどうか、と詰め寄った。ところが、その俘虜は、頑として応じない。N大尉は即刻、営倉入りを命じた。その営倉というのは、防空壕を改造した土牢にひとしいものであった。かくて、N大尉の怒りに触れて営倉に入った俘虜将校は、それから幾日かをそこで過し、ついに栄養失調の状態に陥入ったのであった。」「ちょうどこの頃、三年越しの懸案であった俘虜の管理が、私の軍に帰属した。私はさっそく、幕僚を各収容所に派遣し、俘虜の状況を視察させたところ、偶然、この状態を発見し、ただちに俘虜を営倉から引き出したのであった。ひどく衰弱しているということであったので、菅野法務部長に葡萄酒をはじめ、多くの栄養食を携行させて、俘虜を見舞わさせる一方、事件の調査を命じた。その調査報告によると、N大尉の行動は懲罰の行過ぎ、人身虐待で、人道問題にもかかわるから、軍法会議へ起訴する必要があるということであった。さっそく、N大尉を検察処分に付し、軍法会議にかけるために菅野中佐を二たび三たび、N大尉と俘虜将校の訊問調査に赴かせたが、この俘虜は頑として法務部長の問に答えず、『こんな事件で、日本軍のお裁きを受ける必要はない。いつか、きっと大英帝国政府がやるから、無用の調査など、やめにしてくれ』と、強硬に拒否しつづけたのであった。事件は間もなく、軍法会議の進言を容れた司令官の、N大尉の免官降等の措置で、一段落を告げた。それからわずかの時日を経てポツダム宣言受諾、無条件降伏となり、問題のN大尉は俘虜の言のごとく、シンガポール軍事裁判のトップに挙げられ、哀れ、処刑されてしまったのであった。」

    【Y0様専用】 チェスターコート 新素材新作

    1. facebook
    2. twitter
    3. linkedin
    4. pinterest

    【Y0様専用】 チェスターコート 新素材新作

  1. ホーム
  2. チェスターコート
  3. 【Y0様専用】
  • キーワードで探す